痔の病気を調べる|症状に合った治療方法!

病院

意外と多い病

病院

男女問わず多くの人が痔を患っています。大きく分けて3種類ありますが、どの症状が出てもお尻を清潔にしましょう。悪化させないことが重要です。軽いときは市販薬で済みます。それでも治らなければ、早めに医療機関を受診して下さい。

詳細を確認する

健康な肛門を手に入れよう

頼りになるお店の紹介をおこなっています。痔の症状を解決したいなら自分に適した病院を選ぶようにしましょう。

先生

痔を予防するためには規則正しい排便の習慣をつけることが大切です。まずは排便をする時は無理をせずに5分前後の時間をかけてゆっくり出すようにしましょう。無理に力んですぐに出そうとすると肛門に大きな負担がかかってしまい、これが病気の原因になってしまうことがあります。また便意を感じたらなるべくすぐにトイレに行って排便をするようにしましょう。便意を我慢し過ぎると、その間に腸が便に含まれている水分をどんどん吸収してしまい、便が固くなってしまいます。ほかにも排便後に温水洗浄便座などを使って肛門を綺麗にしておくことも大切です。このように排便習慣は少し意識をするだけで簡単に変えることができます。痔はなってからどうこうするよりも、なってしまう前にどれだけ対策をするかが大切な病気なのです。

そもそも痔とは、肛門やその周辺に生じる病気のことを言います。痔の症状は大きいいぼ痔やきれ痔、あな痔の三つに分類をすることができます。いぼ痔とは、直腸や肛門の周辺などにできものができる症状のことです。便秘や下痢、不規則な食生活などあらゆることがこの病気の原因となり得ます。またきれ痔とは、直腸や肛門の周辺が切り裂ける症状のことです。便秘などの時に無理に便を出そうとすることが切り裂けてしまう主な原因で、特に女性に多いと言われています。他にもあな痔とは、直腸や肛門の周辺に潰瘍性の穴が開いてしまう症状のことです。この病気はストレスによって免疫力の低下が原因で、肛門括約筋の力が強い男性に多いと言われています。これらに該当するような症状がある場合はすぐに皮膚科など含めた医療機関にかかることが大切です。皮膚科などでは軟膏の処方や経口薬の投与が行なわれて、それによって改善を図っていきます。また同時に生活習慣の指導も行なってくれます。

早めの治療が大事

悩み

3人に1人の割合で発症すると言われている痔は3タイプに分けることができ、それぞれ症状や治療法が異なります。しかし3タイプそれぞれに共通した予防は、便秘や下痢をしないように腸内環境を整えることです。そして何よりも症状が現れたら早めに専門の病院で治療を受けることです。

詳細を確認する

お尻に出血や痛みを伴う

悩み

痔には、その種類によって症状も若干違ってきます。イボができてる場合は出血を伴うこともあり、切れ痔の場合もそうです。そして激しい痛みや、常に鈍痛を感じてしまう症状もあります。痔はその生活習慣や体質によって起こりがちとなるので、予防を心がけることが大切です。

詳細を確認する

Copyright©2015 痔の病気を調べる|症状に合った治療方法! All Rights Reserved.